カテゴリー
未分類

汗が出ないんだったら悩みじゃないんじゃない?

「汗においての悩み」と言うと、じっとしているだけで汗が大量に出てくるという事とか汗の臭いが気になるとかが一般的だと思いますが、わたしの場合は「汗が出ない」って言う事なんです。

「汗が出ないんだったら悩みじゃないんじゃない?」と思われる方が多いと思いますが、汗をかけないほうがカラダによくないのです。

汗が出る事と言うのは命を守るための必要な生理的行為で、体の温度を調節するというよく聞かれる働き以外にも、肌を保湿したり免疫機能まで備わっています。

わたくしは発汗しない性質ですので夏の時期でも汗をかきません。

ですから、体の温度を調整する事ができなくて熱中症になってしまうリスクがとても高いのです。

そんな性質なためお水を摂取する量に気を使っているし、いろんなことを注意すれば夏場は対策は簡単なのですが、自分がいちばん困っている事が肌が乾燥することなのです。

先程も述べたとおり、汗には保湿する働きがあるのでお肌が乾燥しないように守ってくます。

私自身はこの性質のおかげで保湿されない為、皮膚炎になるのでいつも皮膚科に通っています。

しかも、免疫力も下がっているので洗顔とか石ケン、シャンプーにいたるまで低刺激性のタイプじゃないと荒れてしまうのです。

なので、ビューティケア用品は高価なものでないといけないですし、クスリに病院とかける費用も高くなってしまうのです。

「汗をかけない」わたくしには「汗をかく」ことは健康的なのでとても羨ましいです。

「通勤・通学ラッシュのバスや電車の車内、職場や教室といった屋内で男の人の汗臭が気になってしまう」なんてことはないでしょうか。

私自身の体験やネット、お友達との話の中でもよく耳にする話題で、やはり男性のほうが臭いが不快になるという方の方が多くいらっしゃいます。

日々の生活や体質、食事なども汗のニオイと関連性があるとよく聞きますが、においに無関心だったり基本的に対処をしている人が女性よりも比較的少ないように感じます。

知り合いとかでなければその時だけ耐えれば済む事なのですが、知人や職場の同僚、上司などよく合う人だったら、はっきりと言い辛いことですから不満がたまる原因にもなるのです。

ここ最近は、男性用デオドラントアイテムが充実してきていたり、香水をつける人も増えてきています。

あと、気配りから体毛を処理する方もどんどん多くなってきているので、誰もが臭い対策しやすい環境になってきているのです。

ちょっと前までは、「男なのに臭いのケアなんて!」と言う人がほとんどで、臭いを気にしない方が多かったのですが、今では気にされる方が多くなってきているのです。

現状ではまだ、大部分の人とまではいかないので、男性の臭いケアへの意識が高まり、ニオイで悩まされる事が少なくなると素敵ですね。

アスリートの人達のキラッと光る汗は、たとえようのないほどきれいに見えます。

精一杯努力してスポーツをして汗をかくと、爽快感があります。

でも、そのような汗も何時間もすれば臭いを発してきます。

出てスグの汗はニオイはほとんどありませんが、時間が経過するとニオイの元となる雑菌が増えてしまうのです。

当人には感じないにおいでも、まわりの人にはすごく鼻につく臭いになっているかもしれません。

ホントに当人は分からないのです。

気付かないうちに人に不快感を与えているのです。

私自身、汗をたくさんかく為、昔は煩わしかったです。

暑い季節は汗をかいた後すぐ拭ったとしても、息つく間もなく汗が噴き出すので、タオルもびしょ濡れの状態に。

そのタオルをカバンにしまっておくと、教科書とか全部汗クサくなっていたのです。

部活動や体育の授業をグラウンドで行ったときは、汗で湿ってシャツに土や砂がくっついて泥まみれになってしまい、洗ってもなかなか取れず、土の色が染みてしまい体操着が茶色くなりました。

母が毎日こすり洗いをしていました。

今現在では学生時代のときのように汗は出ませんが、たまに汗をかいた臭いを嗅いだときにどういう訳か懐かしくなります。

過去のいい思い出です。

あたしが汗で困っているのは、「寝汗」になります。

寝ていると、すごい量の汗が出るのです。

ベッドに入る前に風呂に入り、キレイに洗っているのですが、朝になると絶対母親に「汗臭い」って言われてしまいます。

自分でも自分の汗臭さを感じるくらいなのです。

そのため、起きたら真っ先にシャワーを浴びて、汗を洗い流してから出勤しています。

私の記憶では、高校生くらいまでは臭うようなことはありませんでした。

大学に通い始めたくらいから、カラダに何かしら変化があったのか、起床すると臭いが出ていたのです。

遺伝も考えたのですが、父も母も兄もそんな様子はなく、自分だけが汗臭いようです。

そのせいで、カレシと泊りで出かけるときも気が気ではありません。

朝カレシよりも先に起き、シャワーを浴び匂わないようにしています。

朝に弱い体質なので、早起きするのは大変です。

今の所彼よりも早く起きれてますが、寝坊してしまった時の事は想像したくありません。

朝起きてからお風呂に入る事も稀に厄介に思ってしまう為、寝汗をかかないようにしたいです。