カテゴリー
未分類

風呂上りでも何時間かすると体臭がしてくる気がする

このところ、中年にさしかかってきたせいか、自分自身で両腕などを臭ってみた時に、おじさんみたいなニオイがするように感じられて、本当に気に掛かっています。

そんな事から、ボディーソープを加齢臭対策用の石鹸にしてみたり、匂い付きのデオドラント剤などを利用したりして、ニオイケアを行っています。

だけど、バスタイム後とか制汗剤でケアしたての時は問題ないと思えるのですが、何時間かすると体臭がしてきているような感じがあるのです。

親曰く、年を取ったら全員出てくるようになるんだから大丈夫、とのことですが、気になりだしたら止まらないというのが本音です。

姉には、「香水で何とかなるんじゃない?」と提案されましたが、自分としては、香水の香りは頭痛がしてくるのであまり使いたくないのです。

そんな訳で、なかなかつけてみる気にはなりません。

日に一度、多くても三度ほどで効き目のある優れたやり方がないものか、現在調査中ですが、レモンの汁を精製水とまぜてスプレーで吹きかけると効くという情報を入手しました。

レモンなら、爽やかな香りになりそうだし、自然のものだし、試す価値がありそうです。

肌がかぶれたりとか悪い点がなければやってみたいです。

わたしの会社は女の人がほとんどで、おとこの人は上司が数人だけです。

時々仕事の相談をしに傍に行ったりしますが、すごく汗臭いニオイがするのでいつも顔が強張ってしまいます。

それだけならまだ我慢できるのですが、はた迷惑なのが愛煙家なのです。

昼休憩の食事が終わったころにそばを通ると、汗のニオイと煙草臭いニオイが混ざっているので、その臭いが鼻にくると気持ち悪くなるのです。

とはいえ、上司ですから伝える事なんてできませんし、気落ちしてしまうんじゃないかと気を使ってしまうのです。

まだ若い方なのでプライドもあると思いますが、この先年が上がる度に酷くなっていくのかと思うと辛くなります。

できれば、汗の臭いに関してはデオドラントローションや汗拭きシートを使ったり、替えの服を持ってくるようにしたり、煙草の臭いのほうは歯磨きやマウスウォッシュでケアして欲しいですね。

臭いで周囲を不快にさせる「スメハラ」という言葉がありますが、他のハラスメントと違い、本人には悪気がある訳ではないのでストレートに言う事は出来ませんね。

ワタシの友達の「体臭」が気に掛かる人についてのお話しです。

私の知っている人の中には汗臭かったり、体から異臭がするような方はいません。

たいてい誰と喋っていても特に匂いがする人は見当たらないのですが、近づくと臭いが気に掛かる子がいます。

瞬間的に酸っぱいような体臭がしてくるのですが、非常に近距離でないとこの匂いは認識できません。

何を隠そう自分も別に体のニオイが強いとは思った事がなかったのですが、数年前にたった1人だけもしかすると「私って体臭がするのかな?」と不安になるような事を告げられたことがあるのです。

その人はあたしに「ランチはニンニク料理だった?」と尋ねてきたのですが、ワタシは全然ニンニク系の料理を食していなかったのでその時はマジでゾッとしました。

自分自身ではニンニク臭なんか感じていなかったので万一これが自分のカラダの臭いであればビックリですが、このすごく近距離でないと感知されない匂いかもしれません。

このすごく近距離でないと臭ってこない臭さが万一しているのならこの対処法を伺いたいです。

以前、大きな企業に勤めていたとき、そこは社食の利用ができました。

社員はみんな毎日その食堂でランチを食べていたのですが、ある時、あたしたちの隣にスーツをぴしっときたダンディなオジサン軍団が座られたのです。

ひと目見てお偉いさん達といった空気がして、多分外部のお客さまかな?という感じがしました。

身なりもちゃんとしていて、恐れるものは何もないような、姿勢もシャンとしている、おじさまたちでした。

そしたら、私といっしょにご飯を食べていた先輩が突然「席、移動していい?」と聞いてきました。

「なにかありました?」「ニオイ…多分あのオジサンたちの。

」「もしかして臭いんですか?」「うん。

オヤジ臭くさくて…。

」私にはぜんぜん臭いませんでした。

どんなニオイだったのか先輩にそっと聞いてみたら「なんだろうな、ろうそくのようなニオイだった。

」と言うのです。

ロウソクのニオイって臭かった?と思いながら、やっぱり私にはわかりませんでした。

その先輩は加齢臭など匂いにとっても敏感なんだそうです。

加齢臭もさまざまな臭いがあるみたいですが、ろうそくの臭いとはビックリしました。

脚が臭った事はないでしょうか?自分はとても悩まされました。

今回は私の経験談と、どう対処したのかをかきます。

自分自身は会社員だった頃は革靴を履いていたのです。

ストレスにより自律神経が乱れる事で足汗をかく事が多かったので、当然のようにクツの中が蒸れ臭いの元となりました。

普通、足がクサくなるのは足から出るというよりはクツについているニオイ菌によるものだと言われているのです。

だから、可能な限り日に当てる事と通風している所にクツを置いて乾燥させるように努めていました。

けれども、二足しかない靴を日毎に順番に履いていては確実に殺菌できていなかったらしく、あと1足買いたしたのです。

そうする事によってずいぶんニオイが抑えられたのです。

本当は週に5日出勤なので五足を交互に履ければもっと良かったのかもしれません。

でも靴箱の大きさや金銭面の負担的を考えるとそれ以上に買い足す事はできなかったのです。

近頃では靴用の消臭スプレーなどがホームセンターなどで陳列されていたりしますが、確実に消すことは出来ません。

ですから足臭で困っている方はこのようにして、できるだけ何足もの靴を交互に履くとか、日に当てる事と風が良く通るところで乾かすことを心がけてみましょう。